×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

声優になるために乗り越えなければいけない壁について。

よくある悩み

声優になりたい!でもいろいろ悩みが…という方は多いかと思います。当サイトでは、そんな方に、どうしたら声優になるための一歩を踏み出せるかをご紹介しています。

両親が声優になるのを反対している

両親に反対されたまま、無理やり養成所だったり専門学校だったりに行くのは、避けておきたい所です。

両親が声優になるのを反対しているのなら、声優になるための期限を決めてはどうでしょうか。両親としても、自分の子供の将来を考えてのことだと思いますので、期限を決めて、それまでになれなかったら声優になるのを諦める、と言っておくと、親御さんとしても、まあそれなら…となるかもしれません。

また、時間をかけてじっくりと説得するのも王道かと思います。その場合、説得の材料としては、アルバイトをして生活資金を貯めたり、日頃から演技や舞台に関心があることをアピールするのもよいでしょう。

どこの養成所・専門学校に入ったらいいのか迷っている

声優養成所に関しては、プロダクション直営のところが多く、その分ライバルも多いです。入所試験も厳しいといえます。

声優専門学校は入りやすいですが、卒業後にすぐにプロダクションにいける人はそれほど多くないというのが実情です。専門学校を出た後に、声優養成所に入ってさらにスキルを磨くという人が多いです。

年齢的に悩んでいる

声優になるには、年齢的に厳しいのではないかとか、声優になるための勉強は今から間に合うのかなどなど。仕事に関しては年齢という悩みがつきものです。

ちなみに、声優を始めとした俳優業、歌手も含まれますが、それらには年齢制限がありません。が、声優養成所や声優専門学校には、年齢制限が課せられている場合が多いです。

本気で声優を目指すなら、年齢は若いことに越したことはないので、早め早めに養成所や専門学校へ通うと良いでしょう。

金銭的・地理的要因などで、独学したい

ほぼ無理です。なぜなら、独学では実際の現場で使える技術を教えてくれる人がいないからです。なので、やはり養成所や専門学校へ通うことをおすすめします。

ですが、どうしても厳しい人の場合は、プロの朗読CDなどを聞いて真似をしてみたり、単発でやっているワークショップや体験レッスンに行ってみたり、書籍で学んでみたりという方法があります。

TOPPAGE  TOP